カードローンは主婦でも利用できるのか?

カードローンの利用を考えている方は、男性サラリーマンだけではありません。
女性、特に主婦の方の中にも、カードローンでお金を借りたいと考える方も多くいらっしゃいます。
しかし、「主婦の私でもカードローンの審査に合格するのかしら」と不安に感じる方も多いのが事実です。
結論からいうと、主婦の方でもカードローンは利用することができます。
カードローンで一番大切なことは、きちんと返済できるのか、ということです。
逆に、きちんと返済できる方には、意外と入口は広いものになっています。
主婦の方でも、パートやアルバイトで一定の収入がある方であれば、カードローン審査に合格することも十分可能です。
もちろん内職でもかまいません。
安定した収入が、カードローンにおいては重要なことなのです。
ただし、これらの収入が少なければ、利用できる限度額も少なくなってきます。
これは、利用者の返済能力を越える貸出は、かえって利用者の負担になるからです。
それでは、収入の無い専業主婦の場合はどうなのでしょうか。
子育てで忙しい、働いている時間が無いという方は、カードローンは利用できないのでしょうか。
ここで、「旦那の収入があるじゃないか」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
配偶者の収入を証明することで、審査に合格できるカードローンも存在しています。
ただ、この場合は、旦那さんに必ず許可を取っておくことが必要です。
夫に内緒で、後からトラブルになる事例がかなり多くなっているのです。

キャッシングでの収入証明の役割

キャッシングを申込むと、審査を受けることになります。
希望した金額で融資を受けることができるかどうかの判断が行われるのです。
審査において最も重要な項目は、申込者の収入です。
返済の原資となる収入状況によって、審査の可否が大きく左右されます。
収入証明書不要キャッシングの利用可能額は、収入により決定されるだけでなく、法律でも制限されています。
改正貸金業法の「総量規制」の制度では、申込者の年収の3分の1を越える貸出が禁止されています。
違反者は、債務者だけでなく、債権者、すなわちキャッシング会社も、処罰の対象となります。
その為、キャッシング会社でも、申込者の収入を確認する作業が重要になってくるのです。
「総量規制」の制度は、多くの借入を抱えて返済に苦しむ方が、多くなった問題を受けて制定されたものです。
「年収の3分の1」を越える借入は、自分の返済能力を越える範囲であるということです。
キャッシングの利用は、あくまでも自分の収入で返済できる可能範囲でないといけません。
その為にも、収入証明で自分の収入を確認することも大切なことです。
通常のキャッシングの審査では、申込時には、本人確認書類と収入証明書の提出が必要になります。
収入証明書には、次のようなものが挙げられます。
・源泉徴収票
・給与明細書(賞与明細書)
・所得証明書
・確定申告書
これらの書類が完備されていないと、審査が前に進まないことになります。
申込を行う際には、収入証明書に不備がないことを確認するようにしましょう。

即日融資で電話の在籍確認なし

キャッシングを申込むとき、最も気になるのが勤務先への在籍確認というかたが多いのではないかと思われます。
在籍確認は勤務先に電話がかかってくるので、キャッシングの申込をしたことが職場でばれてしまうのではないかといった心配だと思いますが、電話での在籍確認でキャッシングの申込だとはまず知られることはありません。
在籍確認は電話での即日融資在籍確認なしのところもあり、電話の代わりに書類で在籍確認をおこなっているところもありますが、銀行カードローンなどはやはり電話での在籍確認が多いようです。
電話を使った在籍確認の方法は会社名を名乗らず、担当者の個人名で「○○ですが□□さんはおられますか?」といったようにかかってきます。
かかってきた電話は必ず本人が出なくてもよく、会議で電話に出られない時や外出中のときは、電話をとった人から「□□は外出中です」とか「□□は会議中で電話に出られません」といったように申込者がその会社に勤めていることが確認できれば在籍確認は終わることになります。
最近では在籍確認の方法を書類の提出で在籍確認を行うところもあり、在籍証明書類として会社発行の給与明細書や会社が発行している健康保険証などを提出すれば籍確認が終わるので、電話での在籍確認がどうしても困るといったかたは検討されてはいかがでしょうか。
モビットの「web完結」や「プロミス」は書類で在籍確認がおこなわれるので即日融資を受けるときは、事前に在籍証明書類をそろえておきメールに添付して送信するだけで審査の在籍確認は終了します。

すぐお金問題が解決するわけではない、個人信用情報機関に残される情報

銀行の総量規制の対象外返済がどうしようもない状況になったとき、債務整理は有効な手段となります。
しかしすぐお金問題が解決するわけではありません。
債務整理をしたという情報は長い期間個人信用情報機関に記録されます。
個人信用情報機関についてご説明しましょう。
消費者金融、銀行、信販など融資業務やローン事業を取り扱っている金融機関であれば必ず個人信用情報機関に加盟しています。
個人の債務に関する情報が集約されている民間企業であり、加盟することによってその情報は閲覧が可能、共有される情報となっています。
債務情報が登録されているなど知らなかった、そんな方も多いかもしれませんが実は契約時に必ずそのことに同意しているものです。
契約の内容はあまりに多く細かくなっていますのですべてに目を通さなかった、そんな見落としはよくあることです。
お金の融資を受けるとき審査が行われますが、その審査で個人信用情報機関に申込者の債務情報を照会します。
消費者金融では総量規制があり個人の年収の3分の1までが上限とされていますが、その範囲内になっているのか他社の借入残高を確認することが本来の目的となっています。
そしてもう一つ、貸し付けにリスクがないかを確認することでもあります。
債務整理を行ったという情報は長い期間掲載されます。
5年から10年です。
約束の完済を果たさずに救済措置に頼った、これは債権者にとっては大きなリスクとなり貸し付けをすることができません。
審査に通らなくなる、つまり今後は借り入れができなくなる期間が長いことは自分にとってのリスクとしてしっかりと考えましょう。

即日融資でもそのカードは受け取ることができる

家族にばれないキャッシングを考えているのであれば、契約の方法に注意をしなければなりません。
即日融資を考えているときでも振込キャッシングによる借り入れをするときにはインターネットからの契約を行うでしょう。
契約時にも家族にばれることがあるとすればどのようなことでしょうか。
借り入れをするときには契約がありますが、契約書の取り交わし、そしてカードの発行があります。
振込キャッシングが利用できる消費者金融でも、銀行でも借り入れや返済のために必ず必要になるのがキャッシングのためのカードです。
カードに記載されている番号が会員ページにログインをするための情報ともなりますので必要になります。
契約をするときには契約書とカードを受け取らなければなりません。
これが家族のばれるかどうかの最初の分かれ道となります。
契約方法によってはカードをその場で受け取ることができます。
店頭窓口や自動契約機です。
しかしそれ以外の方法で契約をするとカードや契約書の受取はどうなるのでしょうか。
自宅あてに郵送されることになります。
その差出人は消費者金融の名前になっていることはありません。
プロミスなら事務センターとなっており、アコムならACサービスセンターとなっています。
銀行はカードローンという記載はなく銀行名が記載されています。
自宅あての郵送物はそれが本人宛のものであっても家族が開封する可能性はゼロではありません。
また怪しまれる危険性もあるでしょう。